開店費用はいりません♪
必要なのはパソコンだけ
すぐに開ける夢のお店。


商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』


ようこそ!
 
おまかせ生活通販♪ネットショッピングナビ 

管理人より・・・・・・初めて(再度)ご訪問くださり、ありがとうございます。

当サイトは、最新の商品情報・注目・話題・便利・すぐれもの商品・お悩み解消商品・
気になるテレビショッピング商品・グルメ等、皆様の購買意欲をそそるような、
通販
商品を中心に、ご紹介させて頂きます。

くれぐれもお財布のひもにはご注意し、ご覧ください。

当サイトが多少なりとも、みなさまの生活のお役にたてれば幸いです。

  初めてのご訪問の方は、おまかせ生活通販♪ネットショッピングナビ 当サイトについて をご覧下さい。     

 
何それ?・・・糖尿病・骨粗しょう症・C型肝炎・胃(がん)・大腸(がん)・前立腺がん・肺がん・子宮頸がん・肥満・淋病・クラミジア尿道炎・エイズ


全国の医師会が提供している健康情報インデックス(疾患別一覧表)
いろんな病気について知りたい方はご参考に!(未リンク)

http://www.osaka-med.ac.jp/~friend-2/toku/iskenko2.htm


国立がんセンターのホームページです。がんについて知りたい方はご参考に!(未リンク)

http://www.ncc.go.jp/jp/index.html



◆ 糖尿病

糖尿病の典型的な症状は、のどが渇く(口渇)、水をよく飲む(多飲)、尿の回数や量が多い(多尿)、よく食べるのに体重が減る(体重減少)、体がだるい(全身倦怠感)などです。
これらの糖尿病の症状は、インスリンのはたらきが低下し、エネルギーの利用が不十分になることや、高血糖のために尿糖の排泄がふえ、それに伴って尿量がふえることによるものです。また、症状がないからといって安心してはいけません。
糖尿病患者にみられる症状として重大なものは合併症による症状です。
目がかすむ、視力が低下してきた、足がしびれる、足が痛む、むくみ(浮腫)が出てきた、おでき(皮膚の化膿性疾患)ができやすい、陰部がかゆい、性欲が低下し、性機能の低下がみられるなどの症状は、糖尿病の合併症や併発しやすい病気の症状です。
これらの多くは、糖尿病が発症してかなりの期間がたってからみられるものですが、実際には検診で尿糖が陽性である、血糖が高い、ヘモグロビンA1Cが高いといった糖尿病と診断できる検査データがあってもなんの自覚症状(高血糖に基づく)もないために、
長期間にわたって放置し、合併症の症状が出てはじめて受診する人は少なくないのです。  




骨の質は変わらず、量が減少した状態を骨粗鬆症といいます。
 骨の老人性変化ですが、特に閉経期以後の女性に強くあらわれることがあり、閉経後骨粗鬆症と呼ばれ、性ホルモンの失調が骨粗鬆症の発生と関係していると考えられています。
 高齢者で、骨がもろくなって骨折する場合、たとえば大腿骨頸部骨折が女性に多くみられるのはそのためとされています。適当な運動、栄養とカルシウムの摂取に努めることが大切です。





◆ C型肝炎


肝臓病のなかではまず急性肝炎が問題になりますが、肝炎にはA型・B型・C型などのウイルス性肝炎のほかに、アルコール性によるものや薬剤によるものなどがあります。

A型肝炎は飲食物より感染し、めったに慢性化することはありません。B型肝炎は通常、患者の血液、分泌物より感染します。持続感染している人がわが国では約200万人以上いるといわれ、キャリアと呼ばれます。家族内にキャリアがいると判明した場合はカミソリ、歯ブラシを専用にする、トイレ後の手洗いを忘れないなどの一般的な注意が必要ですが、食器を別にしたり風呂に別々に入ったりする必要はありません。

C型肝炎も血液、体液を介して感染する肝炎で、ウイルス感染によって急性肝炎を起こしますが、急性肝炎の症状がはっきりせずに持続感染者(キャリア)となる場合があります。B型およびC型肝炎キャリアから肝硬変、肝がんへと進行する場合が多く、定期的な検査が必要となります。

 慢性肝炎と診断されたら、日常生活において過労にならないようにしましょう。睡眠をよくとり、規則的な食事をするようにします。バランスのよい食事を心掛け、たんぱく質を十分にとるよう留意してください。脂質は特に制限する必要はありません。酒は当然有害であることを忘れないでください。定期的な通院と検査が必要ですが、このいちばんの目的は病気をよく自覚し、日常生活をととのえていくことかもしれません。肝硬変に移行しないための努力が必要なのです。
 肝硬変は日本ではその80%がウイルス性肝炎、特にB型とC型肝炎によるとされています。またアルコールも肝硬変の原因となりますが、多くの場合C型肝炎を合併しているといわれています。
 肝硬変は慢性肝炎よりさらに肝機能が低下した状態なので、より一層安静生活を送ることが必要で、食事に関する注意も変わってきます。場合によっては減塩やたんぱく制限が必要な場合もあります。専門医の指導を受けましょう。
 肝がんの危険因子としてはB型・C型肝炎ウイルス、アルコールなどが知られています。
わが国では肝がん患者の約9割が、肝硬変あるいはそれに近い状態の慢性肝炎の状態から発生しています。肝硬変、慢性肝炎と診断されたら定期的に血液検査、超音波検査などを受けることが絶対に必要です。





◆ 胃(がん)
 

胃がんにもいくつかの危険因子が知られています。米飯の多食、塩分の多い食品(漬物など)の多食、熱いお茶、たばこなどです。特に老人は熱い食物をかまずに流し込むように食べるので、食道がん、胃がんが多いとされています。このような食習慣はやはりあらためるべきです。
 近年胃がんによる死亡が減少してきていますが、これは検診の普及で早期に発見されることが多くなったためです。地域や職場の検診を積極的に受けましょう。
また検診は毎年受診するようにしましょう。





◆ 大腸(がん) 

食事の欧米化、肉食の増加によって、近年わが国でも大腸がんが急速に増加しています。
動物性脂肪の多食、ビールの多飲などと関係があるといわれています。将来、胃がんよりも多くなるのではと予想されています。和食のように野菜など繊維の多い食事を多くとると、大腸がんの予防になります。
 大腸がん検診も急速に普及しつつあります。早期発見が治療の第一歩だからです。大腸がんの検診ではまず便の検査がおこなわれます。便に目に見えない血液(潜血といいます)がまじっていないかを調べるのです。潜血反応が陽性の場合は、バリウムを肛門より大腸に注入してX線撮影をする注腸検査や大腸内視鏡検査などの二次検診をおこないます。
 もちろん便潜血が陽性だからといって大腸がんと決まったわけではありません。
胃潰瘍や痔など消化管に出血する病気で陽性と出るからです。
しかし近年の大腸がんの増加にかんがみ、
40歳以上の人は毎年検診を受けるようにしましょう。




◆ 前立腺がん 

膀胱の出口にある前立腺のがんです。
初期にはほとんど症状はありませんが、少し進んでくると軽い排尿困難を伴うようになりますが痛みはありません。症状だけでは前立腺肥大症と区別できません。さらに進行すれば、排尿困難、頻尿、残尿感などがあきらかになってきます。がんが尿道に顔を出すくらいに進行すると尿道出血するようになります。しかし、出血しても痛みはありません。
 がんが骨などに転移すると骨の痛みがあらわれてきます。いろいろな骨に転移するので、その日によって痛む部位が異なります。放置すれば尿閉から尿毒症となりますので、早期に治療することが大切です。




◆肺がん

肺がんは肺に、気管支がんは気管支にできた悪性新生物(がん)で、総称して「肺がん」ともいいます。どんどんふえて、リンパ節、脳、骨などに転移することもあります。がん細胞の違いにより、腺がん、扁平上皮がん、小細胞がん、大細胞がん、腺扁平上皮がん、カルチノイド、腺様嚢胞[せんようのうほう]がん、粘表皮がん、がん肉腫、その他に分類されます。小細胞がん以外のがんをまとめて「非小細胞がん」と総称し区別しています。
 腺がんは日本人にもっとも多く、全体の40〜50%も占めます。扁平上皮がんは、2番目に多く、頻度は約30%前後です。小細胞がんは血液のリンパ球に似たがんで、小さく、細胞分裂がさかんで、転移しやすいのが特徴ですが、治療によく反応します。全体のがんの10〜15%を占めます。大細胞がんの頻度は比較的少なく、5%くらいです。
 また、がんのできる部位により、中心型肺がん、末梢型肺がんに分けられます。中心型肺がんは、肺の入り口(肺門部)にできるがんです。たばこの影響を受けやすく、せき、血たんなどの自覚症状があらわれやすくなります。かぜの症状に似ているので、放置する人が多いのが特徴です。末梢型肺がんは、肺の奥のほうにがんができるため自覚症状に乏しく、たまたま胸のX線写真を撮って見つかることがあります。ある程度進行しなければ、せき、血たん、発熱の症状はあらわれません。





 子宮を頸部と体部に分けて、その頸部にできるがんのことを子宮頸がんといいます。かつては子宮がんというときは、この子宮頸がんを指したといってよいほど子宮体がんに比べて多かった(10対1ぐらい)のですが、最近は子宮体がんの頻度が高くなり、両者の比は5対2程度になってきました。
 子宮頸がんは、ほかのがんと同様にリンパ節に飛び火する以外に、直接がんと接する部分を次々とおかして広がります。病気の予後を推定したり、治療方法を決める手がかりとして、次の2つの広がりかたから病気の進行度を分類しています。1つは、がんが子宮を支える組織(基靭帯)に沿ってどれほど横に広がっているかを、もう1つは、頸部に発生したがんが腟に沿ってどれほど下方まで広がっているかをめやすにします。





肥満

生活習慣病と関係のある肥満は、おなかを中心とした上半身に脂肪がつくタイプで、“りんご型肥満”と呼んでいます。さらに最近の研究により、りんご型のなかでも内臓のまわりに脂肪がつくタイプの内臓型肥満がいちばん問題であることがわかっています。りんご型肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症の4つの条件がそろうと、狭心症や心筋梗塞などの心臓病になる確率がとても高くなります。突然死を引き起こす“死の四重奏”という呼び名もついているほどです。




◆ 淋病[りんびょう]
古くから知られている性感染症で、男性では尿道から大量の黄色いうみが出ることが特徴的です。排尿時に尿道に焼けるような痛みがあり、排尿するのが怖いくらいです。女性では腟炎や子宮頸管炎となり、おりものが増加しますが、あきらかな症状は出ません。炎症が卵管におよび卵管炎になると下腹部鈍痛が出ます。両側に卵管炎が起こると不妊症の原因になります。感染機会があってから、2〜10日で症状が出ます。




◆ クラミジア尿道炎
クラミジア・トラコマチスというウイルスと細菌の中間のような病原体で起こります。むかし、眼のトラコーマと呼ばれていた病原体と同じ種類の菌です。性行為により感染すると、3〜7日で尿道がむずがゆくなり、下着に小さなシミが付きます。しかし、排尿時の痛みはほとんどありません。女性では腟クラミジアとなりますが、まったく症状はなく、少しおりものがふえたぐらいの自覚症状しかありません。




◆ 後天性免疫不全症候群(エイズ)
これはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により生ずる病気です。HIVに感染した状態をHIV感染症と呼び、このなかで病態が進み免疫力がいちじるしく低下してしまった状態を後天性免疫不全症候群(エイズ)と呼びます。HIVの感染は性的接触、母子感染、血液や体液の傷口からの侵入などで起こりますが、日常生活での接触で感染することはありません。  

WHOの推定によると2000年末で世界のHIV感染生存者数が3610万人で、累積エイズ死亡者数は2180万人と発表されています。したがって、これまでに5790万人がHIVに感染したことになります。現存の感染者3610万人のうち、サハラ以南のアフリカには2530万人ともっとも多く、ついで南・東南アジアに580万人、ラテンアメリカ140万人、北アメリカ92万人の順になっています。  アジアでは感染がたいへんな勢いで広がっており、また人口がほかの地域に比べると圧倒的に多いので、今後、アフリカを抜き、もっともHIV感染症、エイズの多い地域になるのではないかと予測されています。
これが日本にも強い影響を与え、日本での増加傾向に拍車をかけるおそれが強くなってきています。ちなみに、
多くの先進国では啓発活動の結果、新規の感染者の数は頭打ち、ないし減少傾向が見られるようになってきました。しかし、日本は残念ながら先進国でありながら、いまだに新規感染者がふえ続けています。啓発活動が足りなく、多くの人がSTD(性感染症)の存在を忘れがちだからです。  日本ではこれまでに血液製剤以外の経路で感染した人の数は、累積で6000人程度になっており、新規感染者の報告状況では、日本人の男性の増加が目立っています。この多くは国内での感染であり、日本人どうしでの感染ですので、日本においても当然感染予防の配慮が必要です。














【郵送検診キット】へ戻る
おまかせ生活通販♪ネットショッピングナビ


FC2 [PR] キャッシング 冷え対策 ヤスオク 動画 無料レンタルサーバー SEO